MERGING:新たにMADドライバーをリリース!
放送ユーザー向けのインフラパッケージを強化

Merging Technologies社はAES67/RAVENNAネットワークのためのツールを提供することで正当な評価を得ており、最近ではST2110規格に組み込まれています。フリーウェアのCoreAudio VADは何千回もダウンロードされ、Linux ALSAドライバは多くのOEMに支持されています。

この度、Windowsコンピュータ用の全く新しいMerging Audio Device (MADとも呼ばれています)が利用可能になり、無償版に大幅な改良を加え、より高度な機能を必要とする放送局のために追加のインフラストラクチャーパッケージを導入しました。

主な機能強化の第一はマルチASIO機能で、異なるアプリケーションがASIOの入出力を共有して同時に動作することを可能にします。さらに、内部ブリッジングにより、MADを使用してアプリケーション間で同時にオーディオを送信するためのチャンネルを定義することができます。

ASIOはレコーディング業界では最もポピュラーなドライバー・オプションですが、Microsoftの公式WDM(Windows Driver Model)が不可欠な市場もあり、MADにはこれが組み込まれています。この追加により、MERGING+ANUBISは、モニタリング、レコーディング、マスタリング、ゲーム、Esportsなどの用途に関わらず、完全なオーディオ・インターフェースとなりました。

ASIOとWDMを組み合わせることで、WDMチャンネルをASIOと同じ出力に送ったり、ミックスしたり、ブリッジチャンネルにリダイレクトしたりすることができます。これにより、これらのチャンネルはASIOアプリケーションによってルーティングされたり、録音されたりすることができ、ユーザーはDAWやミックス上のものとは独立してWDMソースをモニターすることができます。ユーザーはお気に入りのDAWを聴きながら、SpotifyやYouTubeのようなアプリケーションからの再生と自分のトラックを比較することができるので、その意味合いは非常に大きくなります。

放送業界向けのIP規格の最近の開発では、ストリームの冗長性や集中化されたデータセンターへの移行に対応するために、多くの追加機能が必要とされています。MAD Infrastructureオプションは、ST2022-7シームレス保護スイッチングを提供するだけでなく、パッケージにNMOS IS-04およびIS-05コンプライアンスを追加し、さらに仮想マシン操作のオプションを提供します。

今日の放送局は、集中型プロダクション・マシンがもたらす信じられないほどの柔軟性とROIの最大化を活用しています。データセンターにある編集マシンを世界中の任意のリモートロケーションに割り当てることができ、ニュース画像編集マシン(例えば)を可能な限り共有し、24時間365日の収益を生み出すことができます。

MADはST2022-7でマシンを接続し、データセンターで利用可能なマシンが物理的なものであるか仮想的なものであるかに関わらず、NMOSソリューションによって発見し、制御することができます。新しいAnubis SPSは、リモートで設定可能な編集室の超信頼性の高い高品質オーディオエンドポイントを提供し、エンドユーザーに正確なモニタリングキャリブレーション(EQ/DLY/TRIM)を提供するだけでなく、業界をリードするマイクプリアンプとA/D D/Aによって最上級のレコーディング機能を提供します。

MADの機能をもう少し深く掘り下げてみると、WDMには自動的にASIOレートに変換する独自のサンプリングレートコンバーターがあるので、ASIOとWDMのアプリケーションを異なるサンプルレートで使用することができます。これにより、録音はASIO側でコンパイルされ、一部のファイルはWDMソースからの高レートまたは低レートのものを使用することができます。

さらに、MADの導入により、既存のNativeの顧客は追加コストなしでワークフローを根本的に強化することができ、低コストのインフラストラクチャーオプションを追加することで、放送局は中央集中型IPネットワークの開始点と終了点の両方に非常にコスト効率が良く、制御可能なソリューションを提供することができるとMergingは考えています。VMサポートによるデータセンターやサーバーベースのインストールへの開放、ST2022-7による強化されたセキュリティ、NMOSを含むことによる追加の発見と制御の可能性は、放送とインストール産業のための主要なソリューションプロバイダとしてのMerging Technologies社の地位を強化しています。



Merging Audio Device, Bridge channels





関連リンク
MERGING 製品情報: http://www.dspj.co.jp/products/Merging/mad.htm
 


 Back


  ディーエスピージャパン株式会社
Copyright © DSP Japan Ltd. | All Rights Reserved