Products
 
  HOME   NOVA   MC-PRO   D-MON   La Remote   Blog   Download  
MC-PRO / DMON / NOVA の仕様比較 
 
Vol.1
~ スピーカー校正システムとしてのNOVA ~



Trinnov Blog >> スピーカー校正システムとしてのNOVA

 


はじめに

このブログでは、NOVAとその3つの主な機能について、皆様の疑問にお答えしています:

1. Acoustic Optimization

2. Monitoring Control

3. Audio Interface

このVol.1では、まずNOVAをTrinnov製品たらしめている最も重要な機能であるオプティマイザー・テクノロジーから説明していきます。
 
オプティマイザーとは何か?

オプティマイザーは、市場をリードするスピーカー/ルーム最適化技術であり、Trinnovが2005年から開発してきたものです。これが私たちの専門分野であり、評判を築いてきたものです。


オプティマイザーは、業界で最も要求の厳しいプロデューサー、ミキサー、マスタリングエンジニアによって採用されています。しかし、それは音楽制作に限らず、私たちのソリューションはテレビ、映画、放送環境、世界中の数千の商業およびプライベートの映画館でも使用されています。

 
Pete Lyman氏/マスタリング・エンジニア(The Who, Weezer, Tom Waits, Phish)
”私のモニタリング・チェーンで最も強力なポイント”

あなたのビジョンを妨げることなく、仕事をこなすことができるツール。それは方程式から部屋を取り除いてくれます。私にとっては、ほとんどどこでも世界レベルの結果を得ることができる方法です。

私たちのYoutubeチャンネルでは、オプティマイザーがどのようにお客様の効率アップに貢献し、ミックスへの信頼を高めているか、たくさんの声をご覧いただけます。

私たちのすべての製品にはオプティマイザー技術が搭載されていることがお分かりでしょう。

しかし、NOVAは具体的に何ができるのでしょうか?
 
まずは基本から

オプティマイゼーション・ライセンス
まず、重要な点を整理し、スピーカー出力と最適化ライセンスを区別しましょう。

一方で、NOVAには物理的な出力が備わっています。

● 6系統のバランス・アナログ出力(XLR)

● 1系統のAES/EBU出力(XLR)

● 16系統のDante出力(ネットワーク経由)
これにより、合計24の個別の出力チャンネルが提供され、スピーカーに接続することができます。


ただし、これには多くのCPU処理が必要です。そのため、NOVAは同時に最大6つの最適化チャンネルをサポートし、192kHzで動作します。これにより、背面パネルに6つのXLR出力が存在することが説明されます。

アップグレード・パス
デフォルトでは、NOVAは2チャンネルのオプティマイザーとして提供されますが、追加ライセンスを購入することで最大6チャンネルにアップグレードすることができます。


ライセンスは2の倍数で購入でき、必要なチャンネル分だけ購入することが可能です。一度購入したライセンスはユニットにアンロックされ、macOSやWindowsアプリケーションからインストールすることができます。

NOVAが最適化できるスピーカー・システムは?



スピーカーの設定ページ

 
スピーカーの種類とフォーマット
NOVAは、設定およびキャリブレーションのプロセス中に、スピーカーとサブウーファーを区別します。ただし、現時点ではアクティブクロスオーバーはサポートされていません。将来のソフトウェアのリリースで追加される予定の機能です。


利用可能なフォーマット(ステレオ、ステレオ+サブ、5.1)は、NOVAのライセンスの数によって異なります。2チャンネルのライセンスを持つNOVAでは、モノラルとステレオのみが表示されます。4チャンネルのライセンスを持つNOVAでは、ステレオ+サブが表示されます。6チャンネルのライセンスを持つNOVAでは、5.1が利用可能です。

スピーカー・セット
NOVAの素晴らしい点は、非常に柔軟な方法で複数のスピーカーセットをサポートしていることです。複数のスピーカーセットでサブウーファーを共有することも可能です。


以下の例を考えてみましょう:

● NOVA 6を使用し、ステレオで作業しているとします。

● 以下のスピーカーがあります:
  ○ アナログ出力1~3に接続されたメインシステムとしてのサブウーファーを含んだモニターセット
  ○ AES経由での代替セットとして、ニアフィールドモニターセット
  ○ さらに、アナログ出力4-5に小型モニターのペアもあると考えましょう。

この場合、次のように4つの異なるスピーカーセットを宣言することができます:(実行する際に行ってください)

● Mains 2.1
Alternate 2.0
Alternate 2.1 (サブウーファーをメインから共有)
Non-Optimized(ここではもう一つの「最適化されていないスピーカーセット」というクールな概念を紹介します。このセットでは追加のライセンスを必要としませんが、スピーカーセットを切り替える際には測定され、レベルとタイミングが調整されます。これにより、完全な最適化プロセスがなくてもスムーズな切り替えと一貫したオーディオ体験が可能です。)



4つのスピーカーセットを同時に宣言する例
 
他に知っておくべきことは何ですか?

Trinnovの3D測定マイクロフォンが必要です。

私たちの最適化ソリューションは、実際の部屋内での測定に基づいています。音響は複雑であり、仮定やシミュレーションに頼ると、結局は近似になります。

Optimizerは、測定マイクロフォンからDACまでの信号パスとプロセス全体を制御することで、そのようなパフォーマンスを実現しています。システムのパフォーマンスと信頼性を最大限に引き出すため、偶然に委ねることは何もありません。

したがって、NOVAでキャリブレーションを実行するには、最新世代のTrinnovマイクロフォン(Ethercon接続)が必要です。以前の世代のマイクロフォンはNOVAでは動作しません。

レイテンシー

市場に存在するより基本的な音響補正ソリューションとは異なり、私たちは時間/周波数解析の専門知識を開発しました。音は本質的には時間領域で説明できる現象であり、時間領域で操作することは位相の問題を修正するために必然的に遅延を伴います。

そのため、Optimizerを使用する場合、平均遅延時間は約20msになりますが、これはバッファサイズ、サンプリングレート、およびいくつかの最適化パラメータによって異なる場合があります。


以上、この記事がお役に立てたなら幸いです。
 



ページTOPへ戻る

 


  ディーエスピージャパン株式会社
Copyright © DSP Japan Ltd. | All Rights Reserved