Products
 
 
 

<Trinnov Audioは、フランスに本社を置く音響空間補正機器のメーカーです>

Trinnov Products >> 音楽制作のためのDolby Atmosガイド


~ 音楽制作のためのDolby Atmosガイド ~




Introduction
Dolby Atmosは、劇場, ダビング ステージ, 映画館を対象として2012年に紹介されました。2014年、Dolby Atmosはコンシュマー向けとしても紹介され、Trinnov Altitude 32などの多くのAVRやホームシネマプロセッサーが登場しました。
 
Dolbyは、ホームシアター業界にAtmosを導入した Trinnov社のリーダーシップを高く評価しています 


 
現在Trinnovは、ホームバージョンのDolby Atmos(24.x.10)で許可されている最大数のディスクリートチャネルがデコードおよびレンダリングできる唯一のメーカーです。

ここ数年、Dolby社は音楽業界でのAtmosの普及に力を入れてきました。まず、キャピトル・スタジオで有名な楽曲をAtmosにリミックスし、その後、複数の国際的な展示会で音楽における自社技術のメリットをアピールしました。

最近になってApple社が発表したことで、音楽業界はAtmosへのシフトを強めているようです。同様にAVエンターテインメント業界ではNetflix社がこの技術を採用したため、一般的な採用が見られるかもしれません。

ここでは、Dolby AtmosスタジオでTrinnovプロセッサーをどのように使用し、インテグレートすればよいか悩んでいる全ての音楽プロデューサー, ミキサー, マスタリングエンジニアのためのガイドを紹介します。
 
 
ATMOSのセットアップでTRINNOVを使用する理由
 
オプティマイザーテクノロジー
デジタル ルーム コレクションは、現在、音楽制作環境で広く採用されています。

どうしてでしょう?
その技術が多くのサウンドエンジニアにとって利点であるという理由だけです。

音響最適化の実行に使用されるTrinnov独自の3Dマイク

 
これまでは、伝統的な音響技術と優れたモニタースピーカーの組み合わせがトリックを生み、モニタリングシステムの信頼性を確保すると考えられていましたが、現実は常に違っていました。

伝統的な音響技術は昔も今も必要ですが、デジタル ルーム コレクションは、既に音響的に良い部屋を補完するものであり、可能な限り最高の結果を得るために必要であることを理解する人が増えてきています。

最も重要なことは、信頼できるモニタリングシステムがあれば、”当て推量” を減らすことができ、部屋の問題を解決しようとするのではなく、創造的なプロセスに集中できるということです。
 

オプティマイザーの利点について語る Steve Kaplan(God of War, Star Wars, The Walking Dead)
 
その結果、作業効率が上がり、聴力疲労が軽減され、より安定したミックスが可能になります。プロとして、デジタルルームコレクションに関する議論は、機材の議論ではなく業務に効果的に影響し、収益性を高めるためのビジネス上の議論なのです。

それはAtmosでも同じで、Trinnovは イマーシブ(没入型)サウンドのミキシングとマスタリングの要件に対応するソリューションを持っています。

このような技術をDolby Atmosの部屋で使用することは、ステレオ制作の場合よりもさらに関連性があります:
  • 部屋に設置するスピーカーの数が増えると、音響的な相互作用が増え、問題が発生しやすくなります。そのため、リアルで正確な三次元の音の球体を作り出すために、スピーカーと部屋の最適化がより重要になります。
  • アップグレードの場合、部屋はステレオに適していても、そもそもAtmos用に設計されているとは限りません。音響的な調整ができればいいのですが、いつもできるとは限りません。このような技術を使うことで、頭痛の種を減らし、より早くそこにたどり着くことができます。
  • オーディオシステムの調整は、経験豊富な技術者が行えば従来の方法でも大きな成果が得られます。しかし、多数のスピーカーに対して手動で調整を行うのは、決して簡単なことではありません。半自動の高度なシステムを使えば、より早く、より正確な結果を得ることができます。
 

MONITOR CONTROLLER
Dolby Atmosでは、従来のステレオシステムで使用されていた一般的なモニターコントローラーは選択肢から除外されますが、どのようなフォーマットのミキシングであっても、同様の使いやすさとモニタリング機能へのアクセスが必要となります。

そこで、Atmosモニターシステムをコントロールするための様々なオプションを提供するプロセッサーが登場しました。

La Remoteは最も柔軟性の高いオプションで、特にD-MONと組み合わせて使用すると、複数のボタンレイヤーをカスタマイズして使用することができます。

AVIDの操縦翼面
 
この記事で紹介しているプロセッサは、Appleコンピュータを使用している限り、EUCONプロトコルに対応しています。

EUCONプロトコルのゲートウェイとして機能するTrinnovアプリは、現在のところmacOSでしか利用できません。

そのため、Avidコントロールサーフェスを使用している場合は、S1, S2, S3, S6から必要なすべてのコマンドを指先で操作することができます。 コミュニケーションはシームレスに行われますので、Trinnovプロセッサを気付かずにコントロールしていることになります。
 
WHAT ARE THE OPTIONS?
Dolby Atmosの音楽スタジオには、3つの選択肢があります。 どのオプションが適しているかは、さまざまなファクターにより異なります:
  • スピーカーレイアウト(スピーカーの数, スピーカーレイアウト, チャンネル数)
  • サブウーファーの実装(およびベースマネージメント)
  • インテグレーションの必要性(接続方法と制御方法)
なお、この記事で紹介しているプロセッサーはすべてOptimizerテクノロジーを搭載しています。 また、Dolby Atmos MasteringとProduction Suiteのどちらを使用する場合でも、各プロセッサーとの統合方法を以下で説明します。
 


D-MON 12: THE ULTIMATE 7.1.4 MONITORING CONTROLLER

 
D-MON Interface through the macOS app
 
D-MON 12は、Digidesign / AVID X-MONの後継機種として設計されました。D-CONTROLやD-COMMANDをお使いの方は、ぜひD-MONをご利用ください。

アコースティック・オプティマイゼーションの他にも、D-MONにはモニタリング・システムを強化するための非常に幅広い機能が搭載されています。

最も重要なのは、D-MONでは複数のSourceを設定し、それらをトグルまたはサミングしたり、複数のスピーカーセットを設定できることです。Dolby Atmosの場合、完全にキャリブレーションされた7.1.4システムは1台に限られますが、ディレイとレベルだけが揃う追加のスピーカーセットを作成して管理することができます。そこから、スピーカーセットを瞬時に切り替えて、ステレオダウンミックスを別のスピーカーセットで聴くことができます。

また、D-MONはLa RemoteやEUCONと深く連携することができ、D-MONの機能をモニターコントローラーや AVIDコントロールサーフェスに柔軟にマッピングすることで、ワークフローを最適化することができます。
 

D-MONと使用するLa Remoteの設定画面
 
D-MONでは、ゼロ遅延の内部ルーティングマトリクスにより、必要に応じて独自のキューやミックスバスを設定することができます。

接続性については、D-MON 12は16chのAES/EBU I/O、8chのアナログIn、16chのアナログOutを備えています。
 
 
D-MONのリアパネル
 
D-MON の大きな特徴のひとつは、SourceやSpeakerがアナログでもデジタルでも変わらないことです。D-MONではそれらをシームレスに切り替えることができます。
 

Dolby Atmos Production SuiteへのD-MONのインテグレーション
 


Dolby Atmos Mastering SuiteへのD-MONのインテグレーション
 


MC Pro: Acoustic Optimization up to 64 channels


Trinnov MC Processor
 
MC Proは基本的なモニタリング機能をサポートしており、Dolby Atmosを使用する際にはほとんどの場合、これで十分でしょう。

実際には、メインのモニタリングシステムをコントロールするために必要なすべての機能を、1つのソースに対してのみ提供します。言い換えれば、ボリュームコントロール, 任意のスピーカーのソロ/ミュート, 任意のダウンミックスを聴くのに適しています。

それ以外の機能が必要な場合は、D-MONを選択してください。

MC Proは“Black Box”という表現通りにモニタリングシステムを調整することができ、電源を入れればすぐに使えます。
 

Dolby Atmos認定の部屋をTrinnov MC Proで調整する、Zach Seivers氏
 
MC シリーズは、以下の 2つのレンジに分けられます。
  • 5.1から9.1.6までのスタジオをカバーするMC Pro
  • それ以上のチャンネルを使用する研究用やダビングステージに適したMC-HCC
MC Proは、システムへの組み込みを容易にするために、さまざまなハードウェア構成が用意されています。アナログ+AES/EBU I/O, Dante, Ravenna/AES67, MADIの中からお選びいただけます。
 
 
Dolby Atmos Production SuiteへのMCのインテグレーション
 

 Dolby Atmos Mastering SuiteへのMCのインテグレーション
 
D-MONと異なり、MCはアクティブ・クロスオーバーとしても使用できるため、カスタムモニターを使用している場合やスクリーンチャンネルを使用した大きなミキシング ルームにも使用できます。
 


ALTITUDE32: QUALITY CONTROL WITH DOLBY ATMOS

 
 
Altitudeプラットフォームは、ホームシアター業界のゴールドスタンダードです。

当初はプロ用に設計されたものではないにもかかわらず、Dolby Atmosのミキシングやマスタリングに適した魅力的な機能を備えています。Trinnovオプティマイザー技術や、HDMI経由で民生用コンテンツを再生する機能など、Dolby Atmosでの品質管理を行うのに適した機能を搭載しています。
 
 
Dolby Atmos Production SuiteへのAltitude32インテグレーション
 

 
Dolby Atmos Mastering SuiteへのAltitude32インテグレーション
 
実際、Altitude32は2015年にヨーロッパで最初のDolby Atmosホーム認定スタジオに装備され、主に音楽制作に使用されています。

Stefan Bock氏は、常に音楽のイマーシブサウンドの最前線に立っており、Altitude32を搭載したミュンヘンのMSMスタジオのオーナーでもあります。彼はまた、Pure Audio Blu-rayフォーマットの発明者でもあります。
 
 
面白いことに、Dolby Atmosのデコードを製品に直接実装しているメーカーはTrinnovだけなので、これを機にオブジェクト・ビジュアライゼーション・モジュールを開発しました。
 
 
Altitude32 で行う品質管理
 
制作時には、Dolbyツールを使ってミックス時のオブジェクトの位置を確認できますが、Altitude32では、ミックスがDolby Atmosのビットストリームにエンコードされ、民生機ででデコードされた時にどのようにレンダリングされているかを確認できます。
 
 
音楽スタジオやポストプロダクションのステージでは、歴史的にサブウーファーを1台、あるいはハイエンドのステレオ設備ではせいぜい2台のサブウーファーを設置するのが主流でした。私たちは当初からこれらの構成をサポートしてきました。

しかし、Dolby Atmosの劇場版では、サラウンドサブウーファーが登場し、一部のサラウンドチャンネルやトップチャンネルの低周波コンテンツを特定の出力に振り向けることができる、より柔軟なベースマネージメントが必要になりました。

ホームシアターでは、複数のサブウーファーと高度なベースマネージメントが一般的ですが、Altitude32はQCに最適なオプションであるだけでなく、最も優れたベースマネージメントを提供します。

少なくとも今のところは。
 

LA REMOTE: THE ICING ON THE CAKE
 
 
どの製品を選んでも、La Remoteはプロセッサーを大きく拡張してくれます。

ボリュームコントロールのような最も基本的な機能に直接アクセスできるだけでなく、任意のスピーカーやグループのスピーカーのソロ/ミュートが可能です。
 

PRODUCT COMPARISON
 
ここでは、上記の製品の違いをまとめた表をご覧いただけます。
 
 
Trinnov Processor Range for Dolby Atmos
 

FUTURE UPDATES
 
今後のリリースでは、上記のすべての製品にRavennaが無償で追加される予定です。

RavennaはAES67とDante(48kHzまで)に対応しており、システムへのTrinnovプロセッサの統合と相互接続を簡素化することができます。
 
 

ページTOPへ

 
 


  ディーエスピージャパン株式会社
Copyright © DSP Japan Ltd. | All Rights Reserved